【おいしいコーヒーを届けたい!極上のコーヒーとは】

土居珈琲では、お届けするコーヒーの銘柄はご注文を頂くまで生豆の状態で保存しています。お客様にお届けする直前に生豆から焙煎するコーヒーこそ「おいしいコーヒー」というもの。それが、焙煎歴30年焙煎士・土居博司のこだわり…。

コーヒーの生豆とは、乳白色をしています。この生豆を、珈琲としておいしく頂くためには、「焙煎」という熱加工をしなければなりません。簡単に説明すると生豆を焼くわけです。

コーヒーの生豆を焼くための道具として、焙煎釜といわれる道具が使用されます。ここで土居博司が注目したところが、その珈琲がいつ焙煎されたかということ。なぜそこに注目をするのでしょう??…。それは、コーヒー豆というものは、焙煎してから長期間時間が経過すれば、味が劣化してしまう飲み物だからです。


【注文をいただいてからの焙煎にこだわる理由】

生豆を、コーヒーとして飲んで頂くためには、「焙煎」という熱加工をしなければなりません。どんなに品質のいい生豆であっても、焙煎してから長期間時間が経過したものは、そのコーヒー豆がもつ本来の味わいをうしなってしまうのです。

「コーヒーを飲んだら胸が悪くなった」、「珈琲を飲んだら変な酸味を感じた」、「コーヒーを飲んだ後、水が飲みたくなる」など、これらは、珈琲においてよく指摘される不満です。

これらの不満は、コーヒー豆を焙煎してから長時間経過したために成分が劣化したものを飲んでいるためという場合がほとんどです。

ですので、土居コーヒーは通販で注文を頂いてからの焙煎にこだわるのです。「おいしい コーヒー」をお客様に楽しんで頂くためにはどうすればいいのか?この目的のためには、どのような珈琲が必要なのか?これこそが、焙煎歴30年の土居博司がだした答えです。


【焙煎の鮮度のあたらしい豆をお送りしています】

土居コーヒーが取り扱う銘柄は、世界の産地で作り出された、最高品質の銘柄だけです。

しかし品質の高い銘柄でも、焙煎したものを在庫しておき、それを送っていたのでは、皆様のもとに届くコーヒーは焙煎してから長期間時間が経過したものになる可能性がでてきます。それはドイコーヒーのコーヒーではないのです。

皆さまにはいつも焙煎の鮮度のあたらしい豆をお送りする。そして、その豆が本来もつ味わいを楽しんでいただく。そう、「おいしいコーヒー」を飲みながら贅沢な時間を過ごしていただく。この目的のため土居珈琲は、生豆をご注文いただいてから焙煎することにこだわっているのです。


 
                  

【おいしいコーヒーをお届けするため注文数は決っています】

「ご注文を頂いてから焙煎する」言葉では簡単ですが実際の作業はそんなに簡単ではありません。例えばコーヒーの生豆をある程度焙煎して在庫しておけば、多くの注文があったとしても対応できますし、作業の手間も少なく、コストも抑えることが出来ます。

注文を受けてから生豆を焙煎して出荷するということは、皆さまが想像する以上に多くの問題もあります。その1つに出荷できる注文数が制限される所です。

土居珈琲では、一日に多くのご注文をお受けすることができません。コーヒー豆の焙煎を一回行うには、20〜25分の時間を必要とします。焙煎する釜の数にも限りはありますし、注文を受けてから焙煎を行うということはそれだけ難しいことなのです。

ですので、土居コーヒーでは、通販からご注文を頂いたとしても、すぐに出荷してお手元にお届けするということが難しいのです。しかしそれは、焙煎の鮮度の新しい、「おいしいコーヒー」をお客様にお届けしたいがため。それが土居珈琲のこだわりでもあるからです。


【プロが焙煎するおいしいコーヒー】

土居珈琲のコーヒーはすべて、土居博司が焙煎しています。コーヒーの焙煎には、生豆の芯から表面まで、均一に火をとおす特殊な技術が必要だからです。

コーヒーの生豆は、農作物である以上、収穫された年によって状態などが異なります。

その豆を見て、どのような火の状態にして、どれくらいの時間をかけて焙煎すればいいのか?これにはプロとして、長年の経験が必要となるのです。また、プロとして道具にこだわるべきという考えももっています。

そのため焙煎の釜もコーヒーの本場、ドイツのプロバット社の焙煎釜を、通常の釜の3倍以上のコストをかけわざわざ取り寄せています。ご注文頂いてから、コーヒーの生豆を、お客様のために土居博司が焙煎する。

それがお客様と土居コーヒー・土居博司との約束です。そして、このこだわりが、土居珈琲のおいしさの秘密でもあり、日経新聞、女性ファッション誌など数多くのマスコミにも掲載。多くのコーヒー通から選らばれる由縁なのです。


 
                  

【PR】 渋谷の内科