噂の土居コーヒー、なんかすげー香ばしいぜよ

コーヒー好きにはたまらない♪

都内でリーマンをやってるツヨシです。僕は1日5杯はコーヒーを飲む、大のコーヒー好き。自宅で2杯。会社で2杯、さらに帰宅後1杯飲みます。

 

出張がある仕事なんで出張に行く時もドリップ式のコーヒーとマグカップを必ず持参するくらいです。ビジネスホテルによってはパック緑茶しかおいてないところがありますので。

 

街を歩いている時もコーヒー豆の良い香りが鼻孔をくすぐると、自然と足がコーヒーショップのドアに向かいます。そんな僕の1日ですが。。

 

まず朝起きて飲む1杯目のコーヒーは、ネスプレッソのコーヒーマシンで作ります。マグカップに3分の1くらい牛乳をいれて、レンジで600W、50秒温めます。

 

その後、カップをネスプレッソにセット!ロサバヤというカプセルでコーヒーを入れます。コロンビア産アラビカ豆のブレンドでネスプレッソはこれしか飲めません。

 

さて朝の2杯目ですが、なんと自分で豆をひきます!といっても電動ミルですが。まあ、楽ちんなので。

 

そこで登場するのが土居珈琲のグアテマラ産とエルサルバドル産の豆です。

 

両方とも単一オリジンとしては昔から好きだった豆。それが土居珈琲の人気銘柄セットとなって注文できるのを知りました。しかも土居コーヒーでは豆のまま、粗挽き、中挽き、細挽きを選択できるのがグッドですよね。

 

当然豆のまま、でオーダーします。土居コーヒーに出会うまでは楽天でK珈琲店から取り寄せてたのですが、まずミルで豆を挽く瞬間に違いが分かります。キッチンに漂うコーヒーの香りがドイコーヒーのほうが断然強いのです。

 

さらにお湯を静かに注いでみると、粉の膨らみ方が全然違う!!!さらに、飲んでみてその違いに唖然としました。もう奥深さというか苦味と酸味のバランスが絶妙なんです。

 

ぜひ、コーヒー党で通販(お取り寄せ)で悩んでいる方は土居珈琲を試してみてくだされ。その香り高さ、コクの深さに唖然とするはずです。もう他のコーヒーには戻ることできません。

 

 

>>土居珈琲を試してみたい方はこちらだよ!<<

 

 

このコーヒーおいしいワケだわ

 

しかし、なんでこんなに美味しいのか調べてみたわけよ。やっぱりそうだった!土居珈琲は注文を受けてから生豆を焙煎している。

 

だからあんなに香りが高いのだわ。普通う焙煎時間1回あたり20分から25分かかるから、注文があった分だけ焙煎するってそれだけコストがかかっているってこと。大量に事前に焙煎してストックしておくわけではないから。

 

またドイツのプロバット社という焙煎釜を、通常の釜の3倍以上のコストをかけわざわざ取り寄せているらしく、これも極上の珈琲豆を焙煎できる理由なのだそうだ!

 

土居珈琲あなどれない!!

 

 

>>土居珈琲を試してみたい方はこちらだよ!<<