噂の土居コーヒー、なんかすげー香ばしいぜよ

コーヒー好きにはたまらない♪

都内でリーマンをやってるツヨシです。僕は1日5杯はコーヒーを飲む、大のコーヒー好き。自宅で2杯。会社で2杯、さらに帰宅後1杯飲みます。

 

出張がある仕事なんで出張に行く時もドリップ式のコーヒーとマグカップを必ず持参するくらいです。ビジネスホテルによってはパック緑茶しかおいてないところがありますので。

 

街を歩いている時もコーヒー豆の良い香りが鼻孔をくすぐると、自然と足がコーヒーショップのドアに向かいます。そんな僕の1日ですが。。

 

まず朝起きて飲む1杯目のコーヒーは、ネスプレッソのコーヒーマシンで作ります。マグカップに3分の1くらい牛乳をいれて、レンジで600W、50秒温めます。

 

その後、カップをネスプレッソにセット!ロサバヤというカプセルでコーヒーを入れます。コロンビア産アラビカ豆のブレンドでネスプレッソはこれしか飲めません。

 

さて朝の2杯目ですが、なんと自分で豆をひきます!といっても電動ミルですが。まあ、楽ちんなので。

 

そこで登場するのが土居珈琲のグアテマラ産とエルサルバドル産の豆です。

 

両方とも単一オリジンとしては昔から好きだった豆。それが土居珈琲の人気銘柄セットとなって注文できるのを知りました。しかも土居コーヒーでは豆のまま、粗挽き、中挽き、細挽きを選択できるのがグッドですよね。

 

当然豆のまま、でオーダーします。土居コーヒーに出会うまでは楽天でK珈琲店から取り寄せてたのですが、まずミルで豆を挽く瞬間に違いが分かります。キッチンに漂うコーヒーの香りがドイコーヒーのほうが断然強いのです。

 

さらにお湯を静かに注いでみると、粉の膨らみ方が全然違う!!!さらに、飲んでみてその違いに唖然としました。もう奥深さというか苦味と酸味のバランスが絶妙なんです。

 

ぜひ、コーヒー党で通販(お取り寄せ)で悩んでいる方は土居珈琲を試してみてくだされ。その香り高さ、コクの深さに唖然とするはずです。もう他のコーヒーには戻ることできません。

 

 

>>土居珈琲を試してみたい方はこちらだよ!<<

 

 

このコーヒーおいしいワケだわ

 

しかし、なんでこんなに美味しいのか調べてみたわけよ。やっぱりそうだった!土居珈琲は注文を受けてから生豆を焙煎している。

 

だからあんなに香りが高いのだわ。普通う焙煎時間1回あたり20分から25分かかるから、注文があった分だけ焙煎するってそれだけコストがかかっているってこと。大量に事前に焙煎してストックしておくわけではないから。

 

またドイツのプロバット社という焙煎釜を、通常の釜の3倍以上のコストをかけわざわざ取り寄せているらしく、これも極上の珈琲豆を焙煎できる理由なのだそうだ!

 

土居珈琲あなどれない!!

 

 

>>土居珈琲を試してみたい方はこちらだよ!<<

 

 

 

 

土居珈琲ならではのコーヒーへのこだわり

 

土居珈琲では、届けてくれるコーヒーの銘柄は注文が来るまで生豆の状態で保存しています。お客さんにお届けする直前に生豆から焙煎するコーヒーこそ「おいしいコーヒー」というもの。それが、焙煎歴30年焙煎士・土居博司のこだわりらしいです。

 

コーヒーの生豆とは、乳白色をしています。この生豆を、珈琲としておいしく頂くためには、「焙煎」という熱加工をしなければなりません。簡単に説明すると生豆を焼くわけです。

 

コーヒーの生豆を焼くための道具として、焙煎釜といわれる道具が使用されます。ここで土居博司が注目したところが、その珈琲がいつ焙煎されたかということ。なぜそこに注目をするのでしょう??それは、コーヒー豆というものは、焙煎してから長期間時間が経過すれば、味が劣化してしまう飲み物だからです。

 

注文が来てからの焙煎にこだわる理由

 

どんなに品質のいい生豆であっても、焙煎してから長期間時間が経過したものは、そのコーヒー豆がもつ本来の味わいを失ってしまうのです。

 

「コーヒーを飲んだら胸焼けがした」、「珈琲を飲んだら変な酸味を感じた」、「コーヒーを飲んだ後、水が飲みたくなる」など、これらは、珈琲においてよく指摘される不満です。

 

ほとんどの場合、これらの不満は、コーヒー豆を焙煎してから長時間経過して成分が劣化したものを飲んでいることが理由です。

 

そういった理由から、土居コーヒーは通販で注文をもらってからの焙煎に徹底してこだわるのです。「おいしい コーヒー」をお客様に楽しんで頂くためにはどうすればいいのか?どのような珈琲が必要なのか?それらを限界まで突き詰めて結果が今の土居珈琲の形となったのです。

 

焙煎の鮮度のあたらしい豆をお送りしています

 

土居珈琲がこだわるのは、注文が入ってからの焙煎だけではありません。しっかり豆にもこだわっているのです。土居コーヒーが取り扱う銘柄は、世界の産地で作り出された、最高品質の銘柄だけです。

 

土居珈琲は世界各地から最高級の豆を取り寄せ、更にそれを焙煎したての状態で届けることで、最高のコーヒーを実現しているのです。

 

取り扱っているコーヒー豆は、現在、先代である土居博司さんの息子さんにあたる土居陽介さんが実際に現地まで足を運び、自分の口と鼻でしっかりと味を確かめた上で決めています。先代、土居博司さんにも負けない強いこだわりが見られますね。

 

おいしいコーヒーをお届けするため注文数は決っています

 

「ご注文を頂いてから焙煎する」言葉で言うのは簡単ですがやろうと思うとそう簡単にはいきません。例えば、コーヒーの生豆をある程度焙煎して在庫しておけば、多くの注文があったとしても対応できますし、作業の手間も少なく、コストも抑えることが出来ます。

 

なぜかといえば、豆は焙煎してしまえば、保存が効くようになりますが、焙煎する前の生豆は、文字通り生ものなのです。ほうっておけばすぐに傷んでしまうため、調整が難しいのです。

 

土居珈琲では、一日に多くのご注文をお受けすることができません。コーヒー豆の焙煎を一回行うには、20〜25分の時間を必要とします。焙煎する釜の数にも限りはありますし、高い技術が必要とされるため、誰でも焙煎できるというわけではないのです。

 

その証拠に、土居博司さんの生前のころは、焙煎工房で毎日のように怒号が飛び交っていたといいます。それだけ、土居流の焙煎は、こだわりが強く、高い技術が求められるのです。

 

ですので、土居コーヒーでは、通販からご注文を頂いたとしても、すぐに出荷してお手元にお届けするということが難しいのです。しかしこれも、焙煎鮮度の高い、「おいしいコーヒー」をお客様にお届けしたいという願いから。待つ価値は十分すぎるほどにあると思います。

 

 

プロが焙煎するおいしいコーヒー

 

コーヒーの焙煎には、生豆の芯から表面まで、均一に火をとおす特殊な技術が必要です。

 

コーヒーの生豆は、農作物である以上、収穫された年によって状態などが異なります。

 

その豆を見て、どのような火の状態にして、どれくらいの時間をかけて焙煎すればいいのか?これにはプロとして、長年の経験が必要となるのです。また、プロとして道具にこだわるべきという考えも先代の頃から受け継がれています。

 

そのため焙煎の釜も老舗焙煎機メーカーである、プロバット社の焙煎釜を、通常の釜の3倍以上のコストをかけて取り寄せています。

 

お取り寄せというスタイルで、徹底してこだわって最高のコーヒーを届ける、それがお客様と土居コーヒー・土居博司との約束です。そして、このこだわりが、土居珈琲のおいしさの秘密でもあり、日経新聞、女性ファッション誌など数多くのマスコミにも掲載され、多くのコーヒー通から選らばれる由縁なのです。